勃起不全にED治療薬のバイアグラが効く!

勃起不全が起こる理由

勃起不全

勃起不全はなぜ起こるのでしょうか?

 

それは勃起を起こすメカニズムに、何らかの障害が発生したからと言えます。

 

陰茎が勃起するためには三つの要素が互いに協力し合うことが必要です。
「男性ホルモン(アンドロゲン)」「性的な刺激」「血管と筋肉の機能」の三つです。

 

男性の場合、性欲は男性ホルン問、特にその一つのテストステロンと深くかかわっており、その成功どうも、テストステロンによるところが大きいのです。

 

睾丸の細胞から分泌される男性ホルモン(アンドロゲン)はテストステロンを主とし、ほかにアンドロステネジオン、ビヒドロエピアンドロステロンを含みます。その比率は48対3対5とテストステロンが圧倒的に多くなっています。

 

このほか、男性ホルモンは副腎皮質カラモデヒドロエピアンドロステロンとアンドロステネジオンが分泌されます。

 

男性ホルモンは性器の発育、恥毛、脇毛やそのほかの体毛の発生、声の低音化、性欲の発生を起こす働きがあります。

 

思春期とともに男性ホルモンの分泌が盛んになって、これらの現象が起こります。ただし、成人以降は老年になる前、テストステロンの血中量はあまり変わらないとされています。しかし血中のノデヒドロエピアンドステロンは年齢とともに減少していきます。

 

テストステロンは男性ホルモンの中で最も重要なものであり、成人の一日分の分泌量は7ミリグラムです。テストステロンの働きは第二次性徴を発現させることで、ペニスを陰嚢の増大と色素沈着、口髭の発生、前立腺増大と分泌開始、声変わりなどを起こさせます。

 

性欲は男性ホルモンが正常に分泌されることによっておこります。したがって、これらが分泌されなくなると、性欲が起こらなくなり、勃起も起こらなくなります


勃起不全が起こる理由記事一覧

勃起不全は彼による老化現象とみられることが多きありましが。実際、歳をとるとともに男性ホルモンの分泌は少しずつ減少していくので、そういう面は否定できないのですが、実勢には、ほかにも多くの原因があるのです。主なものは、アテローム性動脈硬化、糖尿病、高血圧症、薬物、内分泌異常、喫煙、外傷、精神的な要素です。アテローム性動脈硬化勃起不全の原因としては、最も多いものです。中年以降に多い症状です。鉱脈効果には...

高血圧症高血圧は血管が弾力性を失うことによって、血管内の圧力が高くなった状態のことです。高血圧によって、血管の内壁に傷がつくと、そこに血小板やコレステロールがたまりやすくなり、動脈硬化を招くことになります。また、高血圧の状態をそのままにしておくと、ペニスの動脈が障害を受けて柔軟さを失い、血液が流れ込みにくくなり、勃起不全の直接の原因ともなります。糖尿病一般に糖尿病の患者は、勃起不全に陥りやすいと言...

男性の性的行動は、男性ホルモンによるところが大きく、それが分泌異常を起こすと、性欲が起こらなくなり、また勃起不全に陥ります。性ホルモンの働きをかく乱する環境ホルモン(内分泌かく乱化学物質)の問題がクローズアップされていますが、これも、男性ホルモンをかく乱することで勃起不全を引き起こしている可能性があります。最近セックスレスという言葉をよく聞くようになりました。恋人や夫婦の中でセックスが全くない状態...

勃起不全に関する原因の追究は昔から行われています。その時々でさまざまに変化しています。以前は心因性のものが勃起不全の原因であるとされていたのが、血管・ホルモン・神経因子などを原因とするようになました。その変化と同時に、診断方法や治療方法も様変わりしてきたものです。今でさえ多くの男性がバイアグラに解決を求めていますが、1980年代では真空ポンプによるペニスの吸引、ペニスの外科手術などのインポテンツの...

どのような病気でも患者に対する心のケアが必要だということは昔から議論されてきたことです。これは勃起不全に関しても同じことが言えるのではないでしょうか?病気の原因の医学的解析によって患者は責任と非難がなくなり、勃起不全患者たちもこのことを聞いて、自分の精神ではなく生理機能に原因があるのだとほっとすることでしょう。インポテンツについての生理学的な説明は、今ではその特効薬としてのバイアグラの名前とともに...